こんなお客さんいるいる!嫌なお客様への対応攻略スキルUP

キャバクラで働いていると、楽しいお客様は多く来店されるのはもちろんですが、嫌なお客様に当たってしまうこともあります。

お客様はキャストを指名することはできますが、お店で働くキャストはお客様を選り好みすることはできません。
では、嫌だなと思うお客様が来店した場合はどう対処したらいいのでしょうか?

 

お店に来店される嫌なお客様の特徴3パターン

キャバクラのお店に来てくれるのは売上げが上がり、喜ばしいことではあるのですが、嫌なお客様に当たってしまうと本当に残念です。
嫌なお客様のパターンで多い特徴の3つをご紹介します。

1. 人生の先輩としてお説教をしてくるタイプ
2. オレオレ自慢がすごい自分が一番タイプ
3. 少し怖さすら感じる嫉妬強いタイプ

キャバクラで仕事をしたことがある女性の方であれば1度や2度は、嫌なお客様に当たってしまったこともあるのではないでしょうか。

 

お説教タイプのお客様はとても面倒

偉そうに立ち振る舞い、上から目線で物事言ってくるお客様についたことはありませんか。
例えば…
「言葉遣いが間違っている!正しい敬語も使えないのか。」
「そんな洋服着て、男に媚びないと生きていけないのか。」
「まともな仕事もできないからキャバクラで働いているのか。」
などなど、苛立つような発言を連発するお客様です。
このようなお客様の大半は、「こっちが金を払って飲みにきてやってるのだから、俺が一番偉い」と思ってしまっているようです。
確かに、お客様にお金を支払って頂くのは有り難いことですが、説教を受けるためにキャスト皆さんが働いている訳ではありません。
お客様の勘違い本当に面倒にな気持ちになってしまいます。

 

自分の自慢話ばかり聞かされ呆れてしまうほど

自分自身の良く見せたいのはわかりますが、度を超した自慢話は飽き飽きしてしまうものです。
そんな自慢話が好きなお客様はこんな話を多く持ち出してくるようです。
・仕事ができるという自慢
・女性にモテる自慢
・著名人の方と知り合いである自慢
・過去の栄光に浸る武勇伝の自慢
・お金持ち自慢
話をしているお客様はとっても気分はいいかもしれませんが、その話に付き合わないといけないキャストの側からしたら地獄の時間です。
このようなお客様に当たってしまった場合には、ひたすら話を聞いて時間が過ぎるのを待つのが一番かもしれません。

 

嫉妬心のかたまりのお客様は少し恐怖

お客様から好意を持たれて指名につながるのであれば嬉しいですが、その好意が恋心に変わり、独占願望まで抱かれてしまうと困る問題の1つになってしまいます。
例えば、他の席から指名が入り移動をせざるを得ないこともあります。すると「なんでオレ以外の男と話すんだ!」なんて怒りを顕わにしてくるお客様がいるんです。
このようなお客様は、これまでの中でも一番根深い問題のお客様で、一歩間違えばストーカーになることもあるようです。
もし、嫉妬の言動がエスカレートしてきたな、と思った場合には、早めにお店に報告をするようにしておきましょう。

 

このような嫌なお客様の対処方法とは

心の中では嫌な気持ちを抱いてしまうかもしれませんが、お客様には伝わらないようにすることがプロのキャストさんの立ち振る舞いです。
気に障るようなことを言われてしまった場合には、言い返したい気持ちはわかりますが、笑顔の冗談で切り替えしてみたり、自慢話はとにかく褒めてみたり、嫉妬に対しては謝ってみたり、相手が求めている言動で対応してみるのがよいでしょう。
嫌なお客様でもハマってしまえば、次回やそれ以降の売上げに貢献してくれる太客になってくれるかもしれません。
広い心を持って、お客様に接することができれば、キャストとしても女性としてもワンランク上へ成長できるのではないでしょうか。

コメントは受け付けていません。