【キャバ嬢向け】気軽に働く!渋谷のキャバクラや街の特徴

キャバクラというと「ゴージャスな内装のお店でドレスを着て接客する」、というイメージを持たれやすいと思います。
そのせいで「ナイトワークはやってみたいけど堅苦しいのはちょっと…」と考えてしまう人も多いようです。実際に私の友人もそうでした。

でもキャバクラの中にも、カジュアルで気楽に働けるお店はいくらでもあります。そういったお店は探せばどこのエリアにでもありますが、渋谷エリアには特に多く、かなりの店舗数が集合していることをご存知でしたでしょうか。
今回はキャバ嬢が気楽に働けるエリアである、渋谷のキャバクラを紹介したいと思います。

若者の街渋谷

渋谷は若者の街として有名です。特にストリートカルチャーに関しては、渋谷から発信されたものがいくらでもあります。
昔から「若者に訴求するなら渋谷に認められないといけない」という不文律があるほどです。

渋谷は立地的に、表参道や代官山、原宿、代々木、青山といったおしゃれなイメージのある街に囲まれてます。
ですので単一のカルチャーに染まらず、様々な主義主張が混じり合う、少しカオスな街になっているところも渋谷の魅力です。また渋谷のターミナルである渋谷駅には合計9路線が乗り入れているので、様々なエリアから渋谷に人が集まってきています。

渋谷のキャバクラは客層も若いのが特徴

渋谷のキャバクラの特徴は、なんといっても客層が若いところです。
渋谷界隈で遊んでいるような、若い男の子が飲みに来るようなリーズナブルなお店もあります。ですが本当の狙い目は、渋谷エリアにもある高級店よりのお店です。

最近の渋谷には多くのベンチャー企業の本社があり、その中には一部上場企業もたくさんあります。一気に大きくなった企業に勤めている従業員のほとんどは、若い上に同年代の数倍の年収を稼いでいる人ばかりです。
こうしたお客さんは客単価が高い割に、学生のような軽いノリの人が多いので、気楽に働けて稼げるお店が増えています。

渋谷はアルバイト感覚のキャバ嬢が多い

渋谷のお店は、お客さんからのニーズに合わせて、軽いノリの接客ができる女の子を採用したがる傾向があります。
そのため、「バリバリのキャバ嬢」がやるような疑似恋愛的な接客は、あまち好まれないことが多いようです。とにかくお客さんと一緒に騒いで楽しめるような、若くて盛り上げ上手な女の子がよく採用されています。

また他のエリアのように、きっちり本入店して指名やドリンクバック、ボトルバックで稼ぐという働き方は求められません。
どちらかというと、登録制の派遣キャバ嬢がたくさん働いています。そのため、大して売上を意識せずに、気楽な気持ちで働けるお店が多いです。

コメントは受け付けていません。