【キャバ嬢向け】移店にもおすすめ!六本木のキャバクラや街の特徴

「キャバクラで働くならどのエリアがいいの?」と聞かれたときに、「イチオシのエリアは六本木だよ」と答えると、意外そうな顔をされることが多い気がします。
敷居が高いイメージがあり、一定以上の実力がないと、街に馴染むこともできないという印象があるようですが、向いている子にはかなり働きやすい環境です。
「敷居が高いというイメージ」が間違っているといいませんが、多少の誤解はあるような気がします。

ある程度の経験を積んだキャバ嬢にとって、六本木はかなり働きやすいエリアです。
ですのでこの記事では、私が自信を持っておすすめしたいエリアである、六本木という街の魅力とそこに軒を連ねるキャバクラの特徴を紹介します。

リッチな街六本木はキャバクラのお客さんもリッチ

六本木のイメージについて聞くと、「リッチなお客さんが多い」と答える子が多いです。そしてそのイメージは正解といえます。
実際に六本木のキャバクラにくるお客さんはハイクラスな方が非常に多いです。

誰でも名前を知っているような、業界人や芸能人、有名スポーツ選手が多く遊びに来られます。
また政財界で活躍しておられる人物や、文化人と呼ばれるような著名な方々の中にも、六本木の夜をこよなく愛している方が大勢おられるのです。
彼らが六本木に集まるのには明確な理由があります。

一見すると、ただ飲み歩いておられるだけにしか思えないのですが、実は皆さん自分のお仕事の幅を広げるために毎晩六本木に繰り出しているのです。
基本的に六本木のお店は、高級店ばかりが軒を連ねているので、お金のない人が遊びにくることはできません。それも毎晩となると、かなりのお金持ちばかりということになります。
つまり六本木で頻繁に遊んでいる人は、なにがしかの事業を営んでいる可能性が高いということです。

そうした実業家の方たちは、同じ目的で六本木を訪れている人物たちとのコネクションを求めています。
ただ会社の中に閉じこもっているだけでは見つからない、新しいビジネスのタネを探しているのです。

六本木のキャバ嬢は六本木で働くこと自体がステータス

お客さんにとって六本木で遊ぶことは仕事であり、同時にステータスでもあります。
そしてキャバ嬢にとっても、六本木のお店で働けるということはステータスといえるでしょう。
なぜなら未熟なキャバ嬢は、六本木のお店で働くことを認めてもらえないからなのです。

六本木に来るお客さんは、皆さん目が肥えておられます。
ご友人は皆さんハイクラスな方ばかりですし、食事やお酒にもこだわりを持たれているのが普通です。
そして当然人を見る目も肥えておられます。六本木のお店に雇われるということは、そうしたハイクラスのお客さんのお眼鏡に叶う女性だという証明なのです。

可愛い系より綺麗系のキャバ嬢が多いのが特徴

六本木のキャバ嬢は、美人揃いなことで有名ですよね。特に綺麗系でエレガントなキャバ嬢が多いように思います。
これはお店側が、ハイクラスなお客さんのニーズに合わせた求人活動をしているからです。

他のエリアだと、求人サイトやフリーのスカウトから女の子を紹介してもらうことが一般的ですね。
しかし六本木の場合は、お店専属のスカウトを雇っていることが多いです。お店にとって本当に必要と思われるキャバ嬢だけを雇い入れるためには、最善の方法といえます。

また容姿だけでなく、立ち居振る舞いも美しい子が多いですね。
六本木で求められるキャバ嬢は、ただ見た目がいいだけでは通用しないのです。

六本木のキャバクラはドレスがゴージャス

また六本木のキャバ嬢が身につけているドレスは、他のエリアに比べるとかなりゴージャスです。
他のエリアのような「如何にもキャバ嬢」といったドレスは少なく、少しシックなものを好んで着る子が多いと思います。当然お値段はかなり値の張るものばかりです。

六本木では見るからに派手なものではなく、仕立てがよく本当に良いものを選ぶ目があるかを試されます。
ハイクラスなお客さんからすると、無駄にギラギラしているだけのドレス選ぶようなキャバ嬢は、センスだけでなく中身も下品だと判断されてしまいます。

客層が悪く疲れたキャバ嬢の移店におすすめ

このように、六本木のお店はとにかく客層がいいことが特徴です。
経済的にも精神的にも余裕があるので、他のエリアのようにがっつていたり、オラついているようなお客さんはいません。静かに会話を楽しんで、気持ちよくお支払いしてくれる方ばかりです。

自分とは合わない客層に悩んでいたり、接客に疲れ切っているキャバ嬢は、一度六本木への移店も視野に入れてみてください。お客さんは紳士的ですし、お店にも品があります。

コメントは受け付けていません。