客層に疲れたキャバ嬢が銀座・六本木のキャバクラを選ぶべき理由

今自分が働いているお店の客層が悪い、と感じている方がおられましたら、銀座や六本木のキャバクラに移店することをオススメします。
精神的に合わない客層や、迷惑客の相手ばかりしていても、接客スキルが向上することはありませんし、売上が伸びることもありません。
しかし、ハイクラスの人物が集まる銀座や六本木なら、あなたの本来の実力を発揮することができるようになるでしょう。

銀座・六本木のキャバクラに来る客層は他の街より良い

まず最初に申し上げておきたいのが、他のエリアに比べて、銀座・六本木の客層はかなり良いということです。
特に銀座には、キャバクラであっても、クラブを意識した上品なお店が多く、そうした雰囲気を好まれるお客さんが集まります。
つまり銀座は、ハイクラスの男性が好んで集まる立地ということなのです。

企業の経営者や重役、政治家といった政財界の大物や、有名スポーツ選手の方が来店されることも多く、他のエリアのお客さんのように、「ただキャバクラに遊びにきているだけ」という方はあまりおられないように感じます。
彼らが六本木を選ぶ理由は、銀座でしか出会えない人との人脈作りです。
銀座の夜のお店の料金は他のエリアより高額ですので、半端に粋がっているだけの方はお店に入ることはできません。
夜の銀座は、ハイクラスな人物の社交の場といっても良いでしょう。

六本木のキャバクラには芸能人なども訪れる

対して六本木のキャバクラは、作家や芸能人といった著名人が頻繁に訪れます。
銀座のお客さんと同じく、彼らの飲み方は総じて綺麗で「遊び方を知っておられるんだな」と感じさせる方が多いです。
また六本木ヒルズに住んでおられるような、俗に「成功者」と呼ばれるような方も頻繁にお店に通ってくださります。

銀座はキャバクラ・ニュークラブ・クラブと選択肢が多い

また銀座は夜のお店の選択肢が多く、それぞれに客層が異なっています。
まずお馴染みのキャバクラの客層はサラリーマンが中心です。一口にサラリーマンとはいっても、銀座の料金を支払えるレベルの方ばかりですので、他のエリアのサラリーマンとは違う人種といって良いでしょう。

銀座の代名詞ともいえる高級クラブは、「一見さんお断り」を掲げているお店が多く、基本的に紹介者がいなければ、新規のお客さんは入店することもできません。銀座のイメージそのものである、富裕層の社交場といえるでしょう。
そしてニュークラブは高級クラブと比較してリーズナブルで、なおかつ会員制ではありません。高級クラブとキャバクラの中間に位置するお店といえます。詳しくは銀座のニュークラブとキャバクラの違いの記事を読んでみてくださいね。

コメントは受け付けていません。