キャバ嬢で稼ぐなら歌舞伎町が一番!ではない?歌舞伎町の注意点

キャバ嬢なら必ず一度は、「キャバクラといえば歌舞伎町」という言葉聞かれたことがあるのではないかと思います。
確かに市場規模は全国No1といえますし、全国的にも有名なカリスマキャバ嬢を何人も輩出するなど、ナイトワーク業界で歌舞伎町は、名実ともに日本のトップエリアとして君臨していることは間違いありません。
現にキャバ嬢を目指す女の子もお客さんも、日本中から歌舞伎町に集まってきています。

しかしキャバ嬢にとっては、メリットばかりとはいえないエリアであることはご存知でしたでしょうか。
これは実際に、歌舞伎町で働いた経験がある私だからこそいえることです。
この記事では、歌舞伎町エリアの特徴とその現実をご紹介します。

キャバクラといえば歌舞伎町だけどメリットだけじゃない

先ほども申し上げた通り、歌舞伎町はキャバクラ激戦区です。
そのため、他のエリアとは注意すべき点やメリット・デメリットが全く違うものになっています。

キャバ嬢が稼ぐという点で歌舞伎町は良い

歌舞伎町で働く最も大きなメリットは、「稼ぐだけなら歌舞伎町を超えるエリアはない」ということです。
エリア的に高級店が多いので、かなり高い時給が提示されます。
時給5,000円程度なら安い方で、どれだけ安くても時給6,000円以上が相場です。

勤めるお店によっては、時給10,000円以上の提示額も珍しくありません。
またカリスマと呼ばれるキャバ嬢が多く存在しますので、全国的に名前が売れているお店が多く、とても集客が強いです。
集客が強いということは、新規やフリーのお客さんが増えるということなので、特に名前の売れていないキャバ嬢もおこぼれに預かれるということです。

そうしたネームバリューに惹かれて地方から飲みにくるお客さんは、見栄を張りたがる傾向があり、その波に上手く乗っていければ経験が浅くても太客を掴めるチャンスが上がります。
ふつうに仕事をしているだけで、指名やボトルが増えることは間違いないです。
稼ぎたい子や有名になりたい子にとって、歌舞伎町ほど夢のあるエリアは他にはないと思います。

ノルマや罰則が厳しいお店が多い

「稼げる」という絶対的なメリットがある反面、歌舞伎町はノルマが厳しいお店が多く、売上をつくれない子はどんどんお店から消えていきます。
また遅刻や当日欠勤に対するペナルティも、かなりきついです。全国を見渡してみても、多分歌舞伎町は1番厳しいエリアだと思います。

キャバ嬢同士の競争が激しい

夜の歌舞伎町では、一晩で膨大な額のお金が動いています。
そして歌舞伎町のキャバ嬢たちは、必死でそのお金を奪い合っているのです。
そのため競争はほんとうに激しいものになります。大金に目が眩んだ人間は想像以上に怖いもので、普通の神経では考えられないほど陰湿なことをするキャバ嬢はいくらでもいるのです。

歌舞伎町で働いているキャバ嬢が、全員おかしくなっているとはいいません。当然普通の人間性を保っている子も沢山います。
そういったことが起こるエリアだということは頭に入れておいた方がいいです。

客層が怖い場合がある

歌舞伎町は客層がかなり特徴的で、一貫性があります。
ホストやキャバクラの店長、ボーイといった同業者も頻繁に飲みにきます。他にも暴力団関係の方や、どちらかというとアウトローな方も多いので、そういった方の接客が苦手なキャバ嬢にとってはかなり辛いです。
観光客や海外のお客さんも多いですが、同業者や強面のお客さんが苦手な人に歌舞伎町のお店はおすすめできません。

客層はキャバ嬢のやる気や働きやすさに大きく関係

歌舞伎町に限らず、エリアには特有の客層があります。
自分のノリとあっていないエリアでキャバ嬢をやっていても、上を目指すどころか、自分本来の実力を発揮することはできません。
どんな職業でも、思うようにお仕事ができないことはかなりストレスが溜まります。

特にキャバ嬢は、メンタルのバランスを取ることが命綱のお仕事です。
一時的に大きな売上を上げることができても、働きにくいと感じる環境では長続きしません。

ずっと同じお店で感覚が麻痺していませんか?

また歌舞伎町は特殊な環境ですので、あまりに長く同じお店で働いていると、感覚が麻痺してしまいます。
年を取ってから他のエリアのお店に移ろうと思っても、「歌舞伎町流」が身についてしまい、新しい環境に上手く馴染めないキャバ嬢も多いです。稼げるという点では最高のエリアですが、その分出費も多くなりますので、キャバ嬢として長く働きたいのであれば、あまり長居はしない方がいいと思います。

コメントは受け付けていません。