【キャバ嬢向け】働く人はCheck!歌舞伎町のキャバクラや街の特徴

キャバ嬢という道を選んだなら、1度は歌舞伎町で働きたいと思うのでは無いでしょうか。実際私もそうでした。
歌舞伎町でお仕事をしてきた経験から、歌舞伎町エリアの特徴を紹介したいと思います。

高級店からぼったくり店まで様々なキャバクラがある歌舞伎町

歌舞伎町は本当に雑多な街で、そこでお店を構えているキャバクラも、街と同じようにバリエーションが豊かです。
キャバクラを始めとしてクラブやラウンジ、ガールズバーなど、とにかく大小たくさんのお店が軒を連ねています。
歌舞伎町にあるお店の数を正確に把握している人はいないと思いますが、ナイトワーク絡みのお店だけで、数百軒はあるのではないでしょうか。

お店の方針も超優良店から、とんでもないぼったくり店まで、選り取り見取りです。ですので、移店を考えているキャバ嬢には、腰を据えてお店探しをすることをおすすめします。
お店ごとで待遇に大きな差があり、客層も様々ですので、実際にお店に飲みにいって確認するのもアリです。

キャバ嬢の意識が高くモチベーションが維持できる

歌舞伎町では毎日大きなお金が動いています。
そしてモデルや芸能活動をしているキャバ嬢も多く働いており、全国的にも有名なナイトスポットです。
そのため歌舞伎町のキャバ嬢は意識が高く、自分磨きや稼ぐことにも貪欲な傾向があります。

そのモチベーションの高さは、全国でもトップクラスです。歌舞伎町のお店で揉まれているだけで、自然と自分の意識も高くなります。
キャバ嬢として上を目指したい人には最高の環境です。

朝キャバや昼キャバの需要が高い

歌舞伎町というと「夜」を強調されがちですが、意外にも朝キャバや昼キャバがたくさんあります。その理由は、仕事明けの同業者が家に帰る前に飲みにくることが多いからです。
また朝や昼から飲みたがる観光客も多いので、夜に限らず常に賑わっているのが歌舞伎町の特徴といえます。

そうした理由があり、他のエリアの夜キャバよりも稼げる朝・昼キャバが多いです。「夜は辛いけど朝には強い」という人には、歌舞伎町はイチオシのエリアですね。

コメントは受け付けていません。