キャバ嬢経験者向け!移店時のキャバクラの面接のコツ

すでに現役のキャバ嬢として働いていたとしても、いざ面接となると案外緊張するものです。
特に初めての移店のための面接に挑むときは、なおさらではないでしょうか。
そこでこの記事では、キャバ嬢経験者向けに移店のときの面接のコツを紹介したいと思います。

キャバクラ経験者なら面接時にアピールしよう

まず大前提として、お店側はキャバクラ経験者を求めていますので、面接時には必ず経験者であることをアピールしましょう。
またキャバ嬢の面接をするときに、お店が1番重視するのは、雇ったキャバ嬢がどの程度売上を上げられるのか、という部分だけだです。
ですので、キャバクラ経験者がお店の面接を受けるときの基本スタンスは、自分というキャバ嬢を雇った場合、お店がどの程度稼げるのかという部分を、面接担当者になるべくリアルにイメージしてもらうことが大事だといえます。

前のキャバクラでの指名数や売上などを控えておくこと

経験者であることを効果的にアピールするために、ある程度のデータを揃えてきましょう。
自分が現在働いているキャバクラでの平均売上額や、月の指名本数の平均など、アピールできそうな内容を事前にまとめておくことをオススメします。
具体的な数字を持ち出すことで、自分を雇った場合にお店がどの程度儲かるのかを、面接担当者にイメージしてもらうためです。

また自分のデータを伝えるときは、今所属しているお店の立地や価格帯、客層といった情報も一緒に伝えるとより効果的です。
さらにどの程度の給料を受け取っていたのかについても伝えておきましょう。金額がはっきりしていれば、時給を上げてくれる確率がかなりアップするからです。

基本的に経験者は優遇されるので安心しよう

例えば完全にナイトワーク未経験の子をキャバ嬢として採用した場合、お仕事の内容に慣れてもらう時間や、キャバクラで働くために身につけておかないといけない知識を教えるというコストが必要になります。
飛び抜けた素質のある子であれば、働き出して1ヶ月もしない内に、お店のNo.1が視野に入るほどの売上をつくれる子もいますが、普通はあり得ません。
ですので、本入店前からある程度お客さんを抱えているキャバ嬢経験者は、面接時からかなり優遇してもらえます。

売上の予測が立つということは、あなたの働きに見合った金額の報酬を、お店側が用意できるということです。
まじめにお仕事に取り組んできたキャバ嬢であれば、基本的に時給はアップすると思います。またバックに関しても、他のキャバ嬢より高率なものを用意してもらえることもあるようです。

コメントは受け付けていません。