キャバ嬢がキャバクラを移店するときの注意点

キャバ嬢にとって、お店を移るということはかなり大きなイベントになります。
あなたがある程度以上に、お仕事ができるキャバ嬢であったならなおさらです。勤務中のお店の辞め方を間違えると、かなり面倒なことになります。
この記事では、退店するときに気をつけて欲しいことをまとめてみました。

系列のキャバクラでないなら移店ではなく退店ということにしておこう

よっぽど売上をつくれていないキャバ嬢でない限り、お店を退店するときは必ず引き止めが入ります。
なぜなら退店するキャバ嬢についているお客さんが、2度とお店に来なくなる確率が高いからです。お客さんが減るということは、その分の売上がなくなるということになります。

実際問題として、お客さんはお店にではなく、キャバ嬢個人につきますのでお店側の懸念はもっともなものです。また移店をする場合は、基本的には退店と伝えておきましょう。
お店はお客さんが来なくなること以上に、他のお店にお客さんを持っていかれてしまうことを恐れています。

ですので、移店をすると伝えたキャバ嬢に対しては、必ず引き止めが入ります。
引き止められ方は、今まで上げた売上によって変わりますが、脅しじみたあまりよろしくない方法をとるお店も多いです。
またその反対に、時給の引き上げを提示されることもあります。そうした面倒自体を回避するために、いきなり飛んでしまう(出勤しなくなる)キャバ嬢も多いです。

また系列店に移る場合は、あまりトラブルになりません。
時給アップや引き抜きといった理由以外の原因があって、違う環境のお店で働いてみたいだけであれば、系列店への移店を打診してみるといいかもしれません。

移店がバレないように注意!

先ほどもお話しした通り、キャバ嬢が辞めるというだけでも、お店にとってはかなりインパクトが大きい出来事になります。移店ともなればなおさらです。
場合によっては、時給の引き下げや給料の不払いといった脅しをかけてきたり、暴力に訴えかけようとするようなひどいお店もあると聞きます。

どちらにせよ、そうした行動に出るようなお店には、根本的な問題があるので早く辞めてしまったほうがいいでしょう。
とにかく、ストレートに移店をするとお店に伝えるということは、トラブルの元になる可能性が高い、ということを覚えておいて欲しいです。

お店にはキャバクラを辞めるのに相応しい理由を伝える

どんなお店であっても、事前に退店を伝えなければいけません。
「退店の◯日前までに退店の意思を伝えること」といった規定がお店ごとにあるはずです。
キャバ嬢の移店はかなりセンシティブな問題です。大事にならないよう、お店の規定に従って退店することを伝えましょう。

また辞める理由に関しても、無難な内容を用意しておく必要があります。
お店を辞める時のオススメの理由をいくつかピックアップしてみましたので参考にしてください。

  • 目的の金額を貯めることができたから
  • 遠くに引越しをするから
  • 昼職に影響が出るようになったから
  • 彼氏(親)バレしたから
  • 体を壊したから
  • 結婚をするから

どういった理由でも構わないのですが、とにかくこのお店で働き続けられない状況に置かれている、といった内容がベターです。
また金遣いが荒い人が、「お金が貯まったから」を理由にするのは不自然ですので、自分のキャラクターに合った理由を用意しておきましょう。

お客さんには辞めることと同時に感謝の気持ちを伝えよう

お店への対応は重要ですが、お客さんへの対応はもっと重要です。
特に自分を本指名して可愛がってくれていたお客さんには、必ず退店することをお伝えし、ご挨拶するようにしてください。
遅くとも、退店する2週間前にはお伝えすることをオススメします。

そうすれば、「もう最後だから」といういことで、気前よくボトルを入れてくれたり、抜きものを頼んでくれたり、同伴を申し出てくれることが多いです。
売上にもつながるので、お店にも喜ばれます。ですが移店することは、お客さんにお伝えしないほうがいいです。
お客さん経由でお店にバレてしまうと、かなり大きな問題になります。

次のお店に移ってからでも、お客さんに連絡を取ることは可能なはずです。
もしお伝えするとしたら、次のお店に移っても絶対に会いにきて欲しい、特別なお客さんだけにしておきましょう。

コメントは受け付けていません。