銀座のキャバクラ求人を見る前に!銀座で求められるキャバ嬢とは

私が現役時代の頃もそうでしたが、やはり銀座で働くことを目標にしているキャバ嬢は多いと思います。
六本木や歌舞伎町など、高収入を狙えるエリアはいくつかありますが、銀座には他にはない「ステータス」があるようです。実際に私自身もそうした気持ちがあり、銀座を目指して頑張っていた時期があります。

短期間ではありますが、ご縁があって銀座で働くことになり、確かにイメージ通りのステータス性を感じました。最終的には、六本木のお店に移ることになったのですが、銀座での経験は確実に自分を成長させてくれたと思います。
私個人としては、機会があるなら逃さずに、1度銀座で働いてみることをオススメしたいです。

銀座のお店は中々に採用のハードルが高いので、誰でも働ける場所ではないかもしれませんが、採用されるキャバ嬢の傾向にはパターンがあります。
この記事では、銀座のお店から求められるキャバ嬢の傾向を紹介しますので、参考にしていただければ採用確率アップは間違いなしです。

銀座では清楚な見た目のほうが採用されやすい

銀座のキャバクラは、他のエリアのようなケバケバしい容姿のキャバ嬢は好まれません。
好まれないというよりも、避けられるといった方が事実に近いです。とにかく清楚な容姿に控えめな性格のキャバ嬢が強く求められています。

また派手目なキャバ嬢よりも、目鼻立ちが整っている天然美人に見えるキャバ嬢の方が採用確率が高いです。正に「美少女」という容姿の方なら即採用されます。
これはなぜかというと、銀座エリアの特徴として、「何でも一流のものを揃えたがる」という癖があるからなんです。

この癖はキャバクラに限った話ではなく、銀座という街全体の癖のようなものといえます。
とにかく格式を重んじ、「安いものを店に並べるのは恥」という意識があるようです。なぜ銀座が一流への強いこだわりを持っているのかというと、街に集まる人たちが一流の人物ばかりということと関係しています。

銀座を訪れる人は、「銀座なら一流の品物を扱っているに違いない」、「銀座に本社があるなら信頼できる会社だ」という思っているのです。「銀座」という土地そのものへの信頼感があるといってもいいでしょう。
そうした人たちは、「良家のお嬢様」だったり、「有名な女子大を卒業した女性」といった、まだ誰も手をつけていないと感じられるような、レアリティのある女性を求めています。

また女優やモデルのような、メディアへの露出がある女性も人気のようです。
未経験から銀座で働こうと思ったら、最低限この程度のバックボーンは求められます。
経験者の場合は、元いたお店からどの程度お客さんを連れて来れるかで、採用が決まることもあるようですね。

銀座近辺に住んでいれば採用率アップ

また住んでいる場所が銀座に近いければ近いほど、採用率がアップする傾向があります。ほとんどの銀座のお店は、お客さんが心ゆくまで楽しめるようにするため、かなり遅くまで回転していることが多いです。
帰宅切る時間が終電後になるので、帰宅時はタクシーを使うことになります。

その際のタクシー代は、当然お店負担です。
あまりに遠い場所に住んでいると、タクシー代がかかりすぎてしまうので、お店としてはなるべく近くに住んでいるキャバ嬢を優先的に雇いたがります。
お店から1万円以内で帰れる場所なら、特に問題にはならないでしょう。

高時給なキャバクラ求人も多く狙い目

銀座で働くためには、飛び抜けたレアリティのあるバックボーンが必要だったり、キャバ嬢としてある程度のキャリアが必要だったりします。しかしその辺りのハードルをクリアできるなら、高時給なキャバクラがとても多いので、かなり狙い目のエリアといっていいでしょう。
また何よりも「銀座のお店で働くという経験」は、お金には変えられないほど貴重なものです。

キャバ嬢という職業で、一人前になりたいと思っているのなら、一度銀座で働いて見て欲しいと思います。
仕事に対する意識や、接客スキルが劇的に磨かれ、想像以上に自分の血肉になることは間違いありません。

コメントは受け付けていません。